Appleが肩すかしなティザー広告

シェアする

アップルが、
「明日、いつもと同じ一日が、忘れられない一日になります」
と煽って、気の早いニュースサイトがあれこれ詮索していましたが、

「明日、いつもと同じ一日が、忘れられない一日になります」―Appleが何か大きなことを発表するもよう

実際は、ビートルズの楽曲がiTunesで提供されるだけのものでした。

ポール「素晴らしい」ビートルズ配信開始で

アップル社とビートルズのレコード会社「アップル・レコード」の間では、長年確執があり、その歴史的背景を知らない人には「なんだそりゃ」となってしまったのが、今回の広告です。

このように、商品のある一部分だけ紹介したり、大事な部分をわざと隠したりすることを「ティザー広告」といいます。
大きな発表や、新製品の紹介などに利用される手法です。

・・・が、元ネタが凄くないのに、あまりやりすぎるとガクッとなってしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. ay より:

    周囲はビートルズ、ビートルズと大騒ぎしていましたが、
    私はがくっとしました。なーんだ。これか…。と。。。

  2. BON より:

    Appleの壮大な釣りに、投資家の反応は冷たかったようですね。(苦笑)

  3. 東内 より:

    あまりiPodとか興味が無いビートルズ世代に「ガッカリさせた事そのものが話題」となって、iPod / iTunesを認知させちゃう。
    (頼みもしないのに、新聞が載っけてくれるし…たぶん週間ナントカにも載るんじゃないかな)

  4. BON より:

    まぁ、今は何もやってもAppleが注目されるということですね(笑)。