1Password 4から1Password 7(買い切り版)への移行が可能に!

シェアする

やったー! すごくうれしい!!

PCやスマホ・タブレットなどで、パスワードを安全に保管して、共有までやってくれるツールとして私が愛用している「1Password」が、買い切り版(スタンドアロンライセンスのシングルユーザーライセンス)に対応していました!!

1Password 4を使い続けていた理由

私がPC版で「1Password 4」という古いバージョンを使い続けていた理由は、「買い切り版」がこのバージョンで終わっていたからでした。

その後、「1Password」は、月額利用料版(サブスクリプション版)に完全に移行してしまい、1Pasword4を購入した当時の私のライセンスが勿体ないなぁ(しかも、問題なく使えていたので…)、ということで、バージョンアップをするのを躊躇っていました。

最初から月額利用料版で契約していたら、またちょっと気持ちが違っていたのかもしれませんが…。

1Password 7 から、買い切り版が復活!

そんな折り、下記のブログ様が紹介してくださってました!

1Password 7 for Windowsの買い切りライセンスが復活したので買い方とかを記録しておく | reliphone

おお、うれしい! ありがとうございます!

なんと、「1Password 7」から、買い切り版(スタンドアロンライセンスのシングルユーザーライセンス)が復活しているというではありませんか。

しかも、この記事を書いている、2018/5/29現在、「ベータテスト版」の利用者向けということで、割引値段が適用されて、さらにお安くなっているというではありませんか!

1Password 7の画面キャプチャを見ると、完全に日本語化しているし、使いやすそうにもなっている…。これは、乗り換えるしかない!!

(ちなみに、サブスクリプション版の$2.99/月を否定しているわけではありません。これはこれで、2年後とかに1Password 8とかが出ても、常に最新版を使うことができるメリットがあります。買い切り版を購入する人は、少なくとも22か月以上(割引期間中は13ヶ月以上)は、1Passowrd7を使い続けることでオトクになる、くらいの覚悟で買いましょう。(笑))

1Password 4から1Password 7への乗り換え

・・・ということで、乗り換え方法について。

といっても、本家サイトの「1Password 7 Beta」を紹介しているページから、

Introducing 1Password 7 Beta for Windows – AgileBits Blog

(↑Google翻訳などを使って、一度読んでおくことをお勧めします)

そのページにある、↓のボタンを押して、ダウンロードします。

2018-05-29_02h15_38

そして、インストールする訳ですが、悩んだのが、「1Password 4をアンインストールしてから、1Password 7をインストールすべきか」、「1Password 4をアンインストールせずに、1Password 7をそのままインストールすべきか」でした。

結論からいうと、後者で大丈夫でした。

一応私は、1Password 4の「Backup」というメニューから、暗号化されたIDリストファイルが蓄積されているのを確認してから、1Password 7をインストールしましたが、単にPCに2つのバージョン違いの1Passwordがインストールされるだけでした。

困ったのは、1Passwordのユーザー情報の引き継ぎ

次に困ったのが、1Passwordのユーザー情報の引き継ぎでした。

下記の画面で、

2018-05-29_03h13_49

1Passwordを初めて使うよ、という方は、「New to 1Password」のほうでいいと思うのですが、たいていの人は、「Used 1Password Before ? (前に1Password使ってた?)」のほうですよね。ところが、かなり昔に1Passwordを購入していたので、覚えていませんでした。

そこで私が使ったのは、「Sync Using Dropbox」でした。

1PasswordをDropboxと同期させて、複数のPCからパスワード管理を共有させている人だったら、おそらくDropboxフォルダ内のどこかに「1Password.legacyagilekeychain」フォルダがあると思います。(または、新しいバージョンの1Passwordを使っている方は「1Password.opvault」フォルダが作られているはずです)

もし、Dropboxで同期させていない方は、「sync using folder」を使うと良いでしょう。

それらのフォルダを見つけて指定し、1Passwordの管理パスワードを入れるだけで、1Password 4で管理していたID&パスワードのリストが1Password 7に引き継がれました。

ここまでやったら、[1Password]-[Language]から[日本語]に変更すれば、メニューもすべて日本語に切り替わります。

1Password 7の買い切り版ライセンスを購入する!

あとは、下記のブログ様の画面の指示どおりに、

1Password 7 for Windowsの買い切りライセンスが復活したので買い方とかを記録しておく | reliphone

買い切り版ライセンスを購入してください。(画面キャプチャ感謝です!)

もし注意点を挙げるとするなら、購入処理を行った直後、油断せずに、「今すぐダウンロード」ボタンを押して、ライセンスキーファイルをダウンロードすることでしょうか。↓

2018-05-29_01h54_47

このライセンスキーファイルをダブルクリックして読み込ませることで、1Passwordのライセンス認証が完了します。

私は、↑の画面のとおり、4,893円で購入できましたが、皆さんが購入するときには為替レートで多少違う値段になるかもしれません。ですが、ベータテスト版の割引が続いているうちに、早めに購入する(あまり細かい金額は気にしない)ことをお勧めします。

私は、1Password 7 が問題なくインストールできたな、と全部確認が終わってから、古いほうの1Password 4をアンインストールしました。(ついでにPCを再起動して、新しいほうの1Password 7が今までと同じく動くところまで、確認しました。)

あとは同様に、1Password7のセットアップファイルと、ライセンスキーファイルを保管しておき、別のノートPCなどにも同じファイルでインストールして、複数のPCでID&パスワード管理&共有ができることを確認しました。

1Password 7の使いごこち

今のところ、まったく問題を感じていません。むしろ使い勝手がよくなったかな?、というくらいです。

あと、スマホ版の1Passwordも最新版にアップグレードして、ID&パスワードも問題なく管理&共有されていることを確認しました。

まだ使って少しの時間しか経っていませんが、今のところベータテスト版といえども、満足の出来です!!

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています