PC乗っ取りソフトの手口が少しずつ明らかに

シェアする

ニュースでも取り上げられているPC乗っ取りソフトの手口が少しずつ明らかになってきています。

なりすまし事件の不正プログラム、トレンドマイクロが解析 新種のバックドア型、掲示板通じ攻撃指示 – ITmedia ニュース

利用者のPCを乗っ取る方法はいくつかありますが、今回のは新種のバッグドアで、なんと掲示板を通じて攻撃指示をしていたようです。身元を隠す手段として使われているようです。

日本の警察でも、もはやIPアドレスだけで犯人と決めつけるのはダメだ、と通達が出たようですので、今後はPCを押収して解析しない限り、シロかクロか分からないということになります。
(これはまた難しい捜査になりそうです。。。)

私達が被害に遭わないため(加害者に荷担しないため)の対策として、

・利用者が少ないソフトには手を出さない。
・怪しいサイト、掲示板などからソフトをダウンロードしない。
・ウイルス対策ソフトの更新を怠らない。

は実行しましょう。
今回のような新種の不正プログラムの場合、ウイルス対策ソフトで検知できませんが、数日~数週間で更新パッチが適用されますし、少なくともそれ以外の大勢のウイルスには十分効果を発揮します。
しっかり守っていきましょう。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています