Googleモバイルフレンドリーの新アップデートは終わったらしい

シェアする

SEO

ここ最近、SEO界隈をにぎわせていた「Googleモバイルフレンドリー」(=スマホページを用意しないとモバイル検索の順位を下げるぞ、とGoogleから脅されていた問題(笑))は、一応新アップデートが適応されて、どうやら終わったらしいという話になっています。

Googleモバイルフレンドリーに戦々恐々だった日々

Googleのウェブマスター向け公式ブログで、以下のように記述されていました。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索結果をもっとモバイル フレンドリーに

Google では、4 月 21 日より、ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めます。この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Google の検索結果に大きな変化をもたらします。この変更によって、検索ユーザーは、クエリへの関連性が高く使用端末にも適した高品質な検索結果を見つけやすくなります。

大きな変化、とまで言われては、ビジネスとしてサイトを運営している以上、ほとんどの企業が無視するわけにはいかなくなりました。

で、実際にどうだったかというと…

あれ?意外と大したことなかったモバイルフレンドリー

まず、公式のコメントを紹介している記事から紹介。

【Google公式】モバイルフレンドリーアップデートは展開完了 | 海外SEO情報ブログ

アルゴリズムは展開し終わったが、全ページが再インデックスされていない、と5/1時点で発言されています。

で、海外では変動がきたぞー、みたいな話がチラホラ聞かれていましたが、いよいよ日本でも話しが出始めて、以下の2つを紹介します。

【モバイルフレンドリー】影響は軽微?!PCとスマホの順位変動を比べてみた

【2015年5月】新アップデートでGoogle検索順位が大変動!? | Core Marketing Blog

記事の論調が、かなり違いますね。
でも、大変動か、というと、私の感覚からすると、それほど大変動ではありませんでした。
もう少し劇的に変動が起きると思っていたのですが、事前に予想されていたのに比べ、大したことなかったなぁ…と。

意外と大したことなった理由

理由としては、いくつか検討されているのですが、

  • スマホ対応にそれほど重要な重みづけがされなかった。
  • スマホ対応サイトが予想より多くなっていて、変動がなかった。

ということのようです。

スマホ対応がまだのサイトは、とりあえず一安心…といえそうですが、できればスマホ対応はしておいたほうがよさそうですね。SEOにとってマイナスに働くことはあっても、プラスに働くことはなさそうですからね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています