LINE Payが中小企業向けに決済手数料「無料」期間を設けることに!

シェアする

これは、日本でも一気にキャッシュレスが進みそうな気がします!

盛りだくさんだったLINEカンファレンス

6月28日に行われたLINEカンファレンスにおいて、様々な話題が出ておりました。

詳しくは、

3分でわかる、LINEカンファレンス衝撃の4大発表 —— 仮想通貨から決済まで、一気読み:LINE CONFERENCE 2018 | BUSINESS INSIDER JAPAN

などを見ていただくと良いと思うのですが、その中でも特に、私の関心をひいたのが、表題にある、「LINE Payが中小企業向けに決済手数料無料」というものです。

LINE Payが中小企業向けに決済手数料「無料」期間

上記記事内容を参考にすると、

  • 中小企業向けのLINE Pay決済アプリ「LINE Pay for Marchants」をリリース。導入手数料は無料
  • LINE Pay for MarchantsのQR/バーコード決済に関しては、約3年間は決済手数料は無料(2018年8月1日から2021年7月31日まで)
  • 2018年8月1日から2019年8月31日までQR/バーコード決済利用時の同会員制度のポイントバック率を+3%とする
  • コンビニなど非接触決済サービス「QUICPay+」加盟店でLINE Pay残高が利用可能に。今秋以降開始、おサイフケータイ搭載のAndroidスマホが対象
  • ミニストップやマクドナルド、松屋などがLINE Payに順次対応。特に、松屋は日本で初めて券売機でQRコードのLINE Pay決済に対応する
  • なお、決済手数料については2021年8月以降は有料化の方針だが、詳細については手数料無料が始まるまでに発表するとしている。

とのことです。

つまり、2018年8月1日から2021年7月31日の3年間の間、決済手数料が無料になるということですね。これはすごいことです!

もちろん、2021年8月1日から、決済手数料が有料になるとは思いますが、

メタップス、QRコード決済手数料「0.95%」業界最安値の衝撃 —— キャッシュレス化の起爆剤になるか | BUSINESS INSIDER JAPAN

にもあるとおり、決済手数料1%以下の戦いが繰り広げれる可能性は、かなり高くなってきました。

これは、現在のクレジットカード決済手数料3.24%~3.74%と比べると、圧倒的に店舗側に有利な決済手数料となるでしょう。

遅れていた国内キャッシュレス事情

そもそも、日本国内では「現金」のほうが信頼感が高く、いろんな面でキャッシュレス化が遅れていました。

例えば中国では、「WeChat Pay」「Alipay」が主流となり、現金はおろか、銀聯カード(UnionPay)よりも圧倒的に普及していて、キャッシュレス化が進んでいます。

これは、そもそも中国で現金の信頼度が低かったとか、使いづらいというデメリットが多かったこともあると思うのですが、それよりも何よりも決済手数料が安かった(無料~0.6%)ことで、現金と同等と扱えて、かつメリットが大きかったから、一気に普及したのだと思います。

(もちろん、莫大な広告量が投下されて、知名度が上がったから、というのもあると思いますが。)

そう考えると、日本ではいまだに余程大きなアカウントでないかぎり、3%~5%の決済手数料を取られるとなると、日本の店舗の皆さんもやや導入を控えてしまうのは致し方ないことだったと思います。

私はLINE Pay推しです!

ということで、いずれ黒船来航で、日本で「WeChat Pay」「Alipay」が流行るよりも、「LINE Pay」が流行ってくれたほうが、私としては嬉しいです。

LINEは、NHN(韓国)資本からのスタートではあったものの、今や「LINE株式会社」として東京証券取引所の一部上場をしている日本法人です。LINEの日本法人が稼ぐと、日本に税収が入ります。

(そういった意味では、Amazon.co.jpの商品の売主は「日本法人」ではなく、アメリカ合衆国のワシントン州法人であると主張し、日本からの税収を逃れようとしているアマゾンを、私はあまり好ましいビジネスのやり方だと思っていません…。)

もし、日本で、このLINE Payに勝てるポジションにあるとすれば、「楽天Pay(R Pay)」「Yahooウォレット」「Origami」あたりになると思いますが、こんなに日本に普及しているLINEに対抗できて、LINEよりも決済手数料で有利に動けるところが、果たしてあるでしょうか…。

(中国も、生活と密着していた「WeChat」が利便性で勝ったわけですし…)

ということで、私としては、つい今年に行われた「LINE Payカード」の改悪を忘れたわけではありませんが(!!)、今のところ、「LINE Pay」推しでいこうかと考えています。

既に今日、ローソンでLINE Payのバーコードで買い物してきましたしね!(^^;;)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています