ソフトバンク版LTEの「SoftBank4G」がスタート

シェアする

今日は午前中にさいたま市でITコンサルティングが1件、午後から都内の高校で講師を行っていました。
午前の仕事が少し延びて電車を1本逃したら、午後の授業に遅れそうになったので、タクシー捕まえて駅まで乗り付け、そこから久しぶりに本気で走ったら、息切れしました(^^;)。うーん、運動せねば…(笑)。

さて、それは置いといて。
いよいよソフトバンクの4Gサービスがスタートします。

ソフトバンク、下り最大 110Mbps の「SoftBank 4G」を2月24日開始

下り最大110Mbpsがウリのサービスです。
・・・が、やはりまだ今ひとつピンと来ませんね。

NTTドコモのXi(LTE)がスタートした当初も、「速いのは良いのだけれど、じゃあエリアは?」という感じでしたし、それからしばらく経ってから少しずつ基地局が増えて使えるようになってきましたし、WiMaxも登場から3年くらいしてからようやく不自由なくいろんな場所で使えるようになってきました。
やっぱり、エリアが広がるのには時間がかかりますからね。ソフトバンク4Gも、最初はそんなもんだと思います。

それと、値段もあまり魅力的に映らないです。他社と比較して、まだ安くないですし、競合のWiMAXのルーターが2千円台/月で使えるキャンペーンがあるからかもしれません。

WiMAX(ワイマックス)プラン徹底比較 – 価格.com

もちろんソフトバンク4Gに期待していないわけではなくて、むしろiPhone LTE版や、将来のネットワーク混雑解消のためにも、ぜひ頑張ってほしいと思っています。

実は今、法人ユーザーが一番欲しがっているのは、「(コストが安いに越したことはないが)仕事で安心して(安定して)使えるモバイル回線」ですからね。

問題は、次期iPhone発売の時期。それまでに、各キャリアの受け入れ体制がどこまで整えられているかになってきているかもしれません。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています