Windows Vistaのサポートが延長決定、しかし…

シェアする

Windows Vistaのサポートが今年4月に終了してしまうという問題ですが、急に延長サポートされることが決定になり、当面は心配しなくても良くなりました。

【速報】米MSが個人向けVistaのサポート打ち切りを撤回、2017年まで延長:ニュース:PC Online

それもそのはず、Windows Vistaは未だ現役で多くの中小企業、個人が使っているOSです。
もし今年にサポートを打ち切られていたら、多くの現場でセキュリティ問題が噴出していたかもしれません。

もっとも、マイクロソフトにしてみれば、Windows Vistaはどちらかというと黒歴史に入れたいほうのOSのはず。

本当は、Windows 7、また今度発売されるWindows 8に早急に乗り換えてほしいというのが本音だと思います。

OSの安定度からいったら、Vistaではなく今でもWindows XPを愛用している人がいるくらいですからね。

私も、もしWindows Vistaを使っていて不具合が多くて困っているクライアントさんを見かけたら、Windows 7のほうが安定してていいですよ、と言っていたくらいです。

なので、もしVistaが調子が悪くて困っている人は、サポートが延期になったからといって使い続けるより、Windows7、あるいは今年後半に発売されるWindows8搭載PCを購入されたほうがいいかと思います。

不具合で悩んでいる時間とストレスに比べたら、買った方が遙かにオトクに感じられるはずですよ。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています