UQ WiMAXの死角をなくす取り組み

シェアする

WiMAXの死角を減らそうという動きが活発化しているようです。
WiMAXの弱点、それは、

・サービスエリアがまだ広くない。
・サービスエリア内でも、「屋内・車中・地下・トンネル内・ビルの陰・山間部・高層ビルなどの高層階」で繋がりにくい。

という点に尽きます。

都市部以外のサービスエリアは、少しずつですが広がっているようです。
サービスエリア|UQ WiMAX

また、サービスエリア内で繋がりにくい点に関しては、家の中にルータを設置したり、都営地下鉄でも繋がるように整備したりと頑張っているようです。

UQ WiMAXサービスの地下鉄エリア拡大について

新WiMAXホームルーター「URoad-Home」

もともと、なぜWiMAXがサービスエリア内でも場所によって電波が弱くなるかというと、2.5GHz帯という高い周波数帯を使っているためです。
(ちなみに今度割り当てを決める700M/900MHz帯は電波が届きやすく、この帯域の争奪戦は熾烈を極めることになります。)

ですが、しっかりとエリアを広げていこうという取り組みは素晴らしいと思います。
WiMAX対応のスマートフォンや、モバイルWiFiルータをお持ちの方は、嬉しい限りですね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています