スターバックスカードのデザイン性とシステム面

シェアする

今日は休日なので、気軽なネタで。

友人からスターバックスカードをもらいました。
よく気分転換にスタバに寄っていると話をしていたら、クリスマス限定カードを送ってくれました。

スターバックスカード(表)

透明プラスチックをうまく使って、裏面の印刷と表面の印刷をうまく使い分けることによって奥行きのあるデザインに仕上がっていて、結構良い感じです。

他にも、「地域限定デザイン」や、小さいサイズで左上に穴があいている「ミニ スターバックス カード」などもあるのですね。

ちなみに、読み取りは裏面にある磁気ストライプで行ってますね。

スターバックスカード(裏)

「残高確認はどうするのだろう?」と思っていたら、ありました。

スターバックス カード残高照会

裏面のウネウネしているところをコインでこすると、4ケタのPIN番号が出てきて、カード番号とともに入力することで残高が確認できます。

なるほど、よく考えられていますね。

いろいろ合点がいったところで、じゃあ、スタバでコーヒーでも飲んできますか。(^^;)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています