国民共通番号の名称は「マイナンバー」

シェアする

2015年の導入を目指す国民共通番号の名称が「マイナンバー」に決まりました。

分かりやすいといえば分かりやすい名称ですが、
追加番号サービス「マイナンバー」|ひかり電話
を個人的には思い出してしまいました。

国民共通番号は、簡単に言ってしまえば「社会保障と税に関する紐付け」が目的で、これが整備されなかったために、年金の払い忘れや合算に多額の税金を投入したり、脱税などが発見しにくい状態になっていました。

実は現時点でも、基礎年金番号、健康保険の保険者番号、納税者番号、自動車免許番号、住民票コードなど、個人を特定する方法はいくらでもあります。

ですが、本来の意味で裏で紐付けされるユニーク番号(情報連携に使われる国民ID)がなかったため、抜けや重複が発生しやすく、また各省庁で独自にシステム投資が行われてきた背景があります。

セキュリティを過剰に心配する方もいますが、一般の人にとっては、デメリットよりメリットのほうが圧倒的に多いのが実情です。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. 七星 より:

    マイナンバーと決定なんですね。知りませんでした~。

  2. BON より:

    > マイナンバーと決定なんですね。知りませんでした~。
    親しみのある名前を決めたいと、国民に公募していましたね。