ついに「ウイルス作成罪」が法案提出へ

シェアする

今日は、渋谷でITコンサルティングに関する打ち合わせでした。

さて、ついに「ウイルス作成罪」が提出されるようです。

新設のウイルス作成罪法案公表 「正当理由」除外し提出へ

現行では、ウイルスを作成したとしても罰する法律がありませんでした。これで、国内向けの悪質なウイルスの増加に、多少の歯止めが期待できるかもしれません。

無論、「迷惑メール防止法」があっても迷惑メール(スパムメール)が無くならないように、「ウイルス作成罪」ができてもウイルスを根絶できるかというと、そうではありません。

また、「正当な理由なく」ウイルスを作成すると罪になるのですが、その正当な理由をどこまで線引きするのかは、とても難しい問題です。
運用を間違うと、プログラム制作者の萎縮を招く結果にもなりかねません。

基本的には、私はこの法案はウェルカムなのですが、岡崎市立中央図書館の事例などもある通り、おかしな運用が行われないか監視しておく必要がありそうです。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています