ペニーオークションに関するトラブルと芸能人問題

シェアする

ペニーオークションに対して「利用には注意が必要」とこのブログでも書いていましたが、実際に消費者センターへの相談が増えているそうです。

ペニーオークションのトラブルが急増、国民生活センターが注意喚起

落札できないまま、高額な利用代を請求されてしまうケースがあるようです。もちろん、これはほぼパチンコなどギャンブルと一緒ですから、本人の不注意で、儲からなかったとしても文句は言えないわけですが。

ただ、だからといってこのままにしておいても良いのか、というのはあります。

また、ペニーオークションについては、芸能人を巻き込んだキャンペーン手法が批判を浴びています。

[NS] なぜ芸能人はペニーオークションで落札できるのか?

芸能人だけが初参加であっさり落札できるというのも、まぁ普通信じられない話なわけです。

もともとのペニーオークションのシステム自体が、真っ当なサービスとして評価していいものかどうか、という懸念があります。

業界内の自浄作用が働かないようなら、結局もとの普通のオークションサービスだけが生き残ることになります。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています