2.4GHz無線激戦地域だった

シェアする

引っ越しネタが続いてスミマセン。。。
(いやはや、詳細はここには書きませんが、前の家の退出の立ち会いや、そのほか各種住所変更など雑用がわんさかで忙しいです。ですが、ここにはできるだけIT関連のネタを書いていこうと思います。)

以前、えらく不思議な位置にモジュラコンセントがあることをお伝えしましたが、そのせいか、この近辺は無線LANが激戦区でした。

無線LAN

これはごく一部ですが、ゆうに14チャンネル以上が飛び交っています。

そのため、フレッツ光ネクストのハイスピードタイプ(下り200Mbps)の我が家で、

・有線LANケーブルで接続 → 下り約180Mbps
・無線LAN 802.11n(2.4GHz) → 下り約20Mbps

となりました。うわ、約1/10の速度!?
これは早急に対策を立てなければ、仕事に響きます…。

追伸
未だに暗号化「なし」で使っている人もいるんですね…。[emoji:i-201]
WEPも暗号強度としては弱いですし、ニンテンドーDSなどを使っていてどうしてもWEPでなければ…など、理由がなければ、もっと強度の高い暗号方式を選ぶべきです。(最近のルータには内部LANとはネットワークを分離させる機能がありますので、どうしてもWEPが必要な時は、WEP+分離機能を併用したほうがいいです。それでも、タダ乗りされることに変わりありませんが。)
ああ、ご近所の方に啓蒙したい!![emoji:i-229]

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています