Webサイトにストーリーを作る

シェアする

今日はお昼のお打ち合わせが台風&クライアントさんの都合でキャンセルとなり、夕方からは東京都中小企業振興公社の商店街支援のお仕事でした。

商店街支援に行った先の皆さんが、このブログを見てもらっているとのことなので、真面目に書かないとな、と思ったりしています。(ですが、たまに脱線してネタ系に走るのは、私のキャラクタということでお許しを…(笑)。)

今日は、Webサイトにストーリーを作る、という話です。
Webサイトを構築するにあたって、

・誰が自分達のお客様(訪れてほしい客)なのか?
 ↓
・その人達は、何の目的で自分達のHPに訪れるのか?
 ↓
・その人達に、HPからどんな情報を与えれば、(結果的に)自社に利益を落としてくれるのか?
 ↓
・次に繋がるアクションが用意されているか?

といった仮説が、きちんと構築されているか否かが大事なポイントです。

この段階でよくやってしまうミスは、「きっとHP業者が考えてくれるだろう」と思い込んでしまうことです。
ところが、(当たり前のことですが)自社の顧客と自社の強みを一番理解している/理解しておかなければならないのは、当の自分達本人なのです。

HP制作業者も、デザイン力に優れているところ、システム開発力に優れているところ、保守メンテに強みを持つところ、等々いろいろありますが、肝心の御社の業務内容については、御社以上の知識は持ち合わせていないのが殆どです。
(よほど提案力が優れているか、戦略コンサルタントが付いているところではない限り。)

…さて、御社のWebサイトに「ストーリー」はありますか?

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. カンダ より:

    昨日はありがとうございました。
    「Webサイトにストーリーを作る」
    早速参考にさせて頂きます。
    再来週もよろしくお願い致します。

  2. BON より:

    先日はお疲れ様でした。
    カンダさんの個店HPがとても素晴らしく、感心しておりました。個店紹介ページのお手本ともいうべき内容です。
    これが商店街HP全体の取り組みとして定着していけば、個店HP+商店街HPから集客の相乗効果が期待できますね。
    いよいよプロジェクトもスタートして、長丁場で大変ではありますが、同時にワクワクもしますね。一緒に頑張っていきましょう! 次回もよろしくお願いします。