おもしろき こともなき規格表記を おもしろく

シェアする

週末の面白ネタに取っておこうと思ったのですが、意外と真面目な内容になりそうだったので、今日投稿します。

皆さん、男前豆腐店株式会社はご存じですよね。
よく店頭で、↓こんなインパクトのある豆腐のパッケージデザインを見かけていると思います。

男前豆腐店マサヒロ1

感心したのは、流通に乗せるために必要なバーコード表記ですら、デザインしてあることです。

男前豆腐店マサヒロ2

2次元バーコード(QRコード)でデザインしてあるのは何度も見たことがありますが、いわゆる1次元バーコードでデザインされているものはあまり見かけたことがありません。

「豆腐」という昔からある食品で、新しい市場を開拓して成長しているというのも素晴らしいですが、その製品作りに取り組む姿勢も素晴らしいです。

男前豆腐店:デザインや名前は5%。95%は製法にこだわっています。

当然消費者も目(舌?)が肥えていますから、豆腐そのものがおいしくないと買ってくれない。しかし、消費者に目を向けてもらうための最後の一押し(デザイン)にも力を入れる、という姿勢は見習いたいですね。…細部にこそ神は宿る、でしょうか。

と、褒めておいたところで、公式HPを覗きに行くと、そんな真面目な雰囲気は一切感じさせないんですけどね。(それがまた『突き抜けて』ていいのですが。)

男前豆腐店

ここまでぶっ飛んでいて大丈夫かな?素晴らしいな、と思ったりします(笑)。
テーマソングコーナーの音楽が、さっきから私の頭の中でずっとリピートしています。さて、豆腐が食べたくなってきましたので、今日はこの辺で。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています