NTTドコモはAndroid端末でiPhoneに対抗

シェアする

ついに日本で、Google製携帯プラットフォームである「Android」の端末が使える日がやってきました。

ドコモ、HTC製Android端末を6~7月発売へ

AppleのiPhoneをソフトバンクに取られてから、ドコモは対抗端末をずっと待ち続けていた状態でした。このAndroid端末でGoogleと親和性の高いサービスを提供することで、スマートフォン市場に新しい選択肢を用意したことになります。

しかし、将来が安泰かというと、決してそうではないと思います。

既に噂されている新型iPhoneの発表が間近に迫ってきていますし、スマートフォンの国内シェアとしてはWindows Mobileがリードしています。Microsoftもこのまま黙っているとは思えません。

Googleの爆発的な開発力で、どの程度iPhoneやWindows Mobile機に迫り、追い抜けるかどうか。
また、携帯には一家言持つ日本の携帯ユーザーに受け入れられるかどうか。
これからが真の実力が試されることになると思います。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています