新型GoPro、四角くなって最少最軽量

シェアする

20150708

ビデオカメラの楽しみを広げたという意味で、尊敬の念すら覚えるGoPro。GoProが売れ始めてから、日本メーカーもこぞって真似し始めたので、知っている人も多いかと思いますが、そのGoProの最新版が発表になりました。

GoPro HERO4 Session

↓詳細はこちらに詳しかったので、ご紹介。

キューブ型になった GoPro HERO4 Session 発表。単体で10m防水、歴代最小最軽量 – Engadget Japanese

そもそもスポーツなどを撮影するために作られているので、防水などは当たり前で、ワンタッチで撮影できるなどの使い勝手の良さはもちろん、最少、最軽量になって、また売れるのではないでしょうか?

↑で紹介されているビデオを見るだけで、欲しくなってきてしまいますね。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO4 Session 1440p30/1080p60 CHDHS-101-JP
¥ 54,500円
B0113HPDQE

私が日本製カメラで個人的にほしいもの

なお、対する日本製で、男の子心をくすぐるデザインでいいなーと思ったのは、RICOHのWG-M1です。

RICOH 防水アクションカメラ WG-M1 オレンジ WG-M1 OR 08286
¥ 19,314円
B00NH8O71K

↑メカメカしくて好きです。(笑)

2万円とかで売ってしまって大丈夫かなぁ(GoProの5万円とかに比べると…)とか思ってしまいますが、ついポチッと買ってしまいそうな値段で怖いです。(^^;)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています