iPadをデュアルディスプレイとして使う「Duet Display」レビュー

シェアする

スクリーンショット_081215_034108_AM

(出典:www.duetdisplay.com)

iPad / iPad mini / iPhoneをPCの拡張ディスプレイとして使うためのアプリ「Duet Display」のWindows版が公開されていましたので、さっそく私も使ってみました。

Duet Displayとは?

Windowsまたは MacのPCの拡張モニタ(デュアルディスプレイ)として、Lightningケーブルで接続して、iPadなどを2画面目として使うアプリです。

Duet Display – Ex-Apple Engineers Turn Your iPad into a Second Display for your Mac

先にMac版が発表され、後からWindows版が発表されました。

値段は現在、1900円のアプリです。

Duet Displayのメリット

このアプリは、接続をLightningケーブルを通して行いますので、今まで私が使ってきたどのデュアルディスプレイアプリの中でも、もっとも画面のリフレッシュレートが高いように感じました。

また、色の再現性も比較的高いように感じました。色味が大事な場合には良い気がします。

20150704-1

Duet Displayのデメリット

これは仕方ないことですが、Lightningケーブルを接続するのが面倒です。(笑) 先日などは、あやうくLightningケーブルを客先で置き忘れそうになりました。

他のWi-Fiでつながるアプリに比べると、ここはどうしようもないですね。

もう1点は、アプリに安定性があまりないことです。直接接続するケーブルなので、ソフトは安定しているかと思いきや、ちょっと安定しないことがありますね。これは客先で使うときには、ドキドキしますね。

残念ながら今は私のファーストチョイスではない

Duet Display、良いアプリであるのは間違いないと思うのですが、今のところ私がビジネスでファーストチョイスで使うアプリではありません。やっぱり安定性がネックです。

そういう意味では、

Splashtop Extended Wireless Display 2 (1200円)

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 Splashtop Extended Wireless Display 2

のほうをよく使っています。

といっても、PCとの相性もあるでしょうから、無料版を試してから使うのがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています