2014年はより真面目なコンテンツ作成がSEOに効く

シェアする

2014年は、「より真面目なコンテンツ作成がSEOに効く」ということのご紹介です。

ネットでは、

被リンクは悪!これまでの常識が変わった2014年からのSEO対策 | Life Hack Lab

とか、それをもとにして、いやいや、リンクそのものが悪いわけじゃない!、といった議論が行われていました。

「被リンクは悪」「リンクは終わった」……それは大きな勘違いだ など10+4記事(海外&国内SEO情報) | Web担当者Forum

結論からいうと、「悪質なスパム行為がより厳しく判定されるようになった」というだけの話なのですが。

具体的にいうと、

・業者からリンクを買う。
・多くの無意味なサテライトサイトから被リンクを生み出す。
・不自然な被リンク。

などでしょうか。

結局、一朝一夕にはGoogle/Yahooの検索上位に来ることはなく、質の高いコンテンツを定期的に自身で生み出し、ユーザーの支持(それがリンクにしろソーシャルメディアにしろ)を受け、自然に上位に上がってくるものである、ということですね。

いわゆる「悪質なSEO業者」にとっては厳しい時代となったのかもしれません。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています