Google Nexus 7 32GB 3G(Cellular)版レビュー

nexus
Google本家のAndroidタブレット端末、Nexus 7は、日本で16GBが19,800円で発売されて以降、大変人気ですね。
現在、日本ではNexus 7 32GBが24,800円で販売されていて、こちらも人気です。

ですが、海外で販売されているNexus 7 32GB+3G版(セルラー版SIMロックフリー)だけは、まだ日本で発売されていません。

私はある業務の都合上、どうしてもモバイル回線付きのタブレットが必要で、検証用に購入する必要がありました。
・・・ならば、ということで海外から輸入してみました。

2012-11-24-1.jpg

値段は、アメリカでは299ドルで、クレジット決済後の値段は日本円で26,000円程度でした。
これに送料が4,000円程度でしたので、トータルで約3万円です。

この端末はSIMロックフリーなので、IIJmioのSIMカードを差し込みました。
ちなみに、SIMカードの大きさは、
標準SIMではなく、microSIMminiSIM)でした。


電源ON!

言語設定を「日本語」にすれば、当たり前ですが最初から日本語で設定できます。
拍子抜けするくらい簡単。。。

2012-11-24-2.jpg

そのまま日本語でGoogleアカウントを登録。

2012-11-24-3.jpg

初期設定終わり。
ホーム画面も、日本で発売されているNexus7と同じではないでしょうか?

2012-11-24-5.jpg

さすがNexus 7、Android 4.2という最新OSで、動作がキビキビしています。
iOS6と比較しても、それほど遜色ないぬるぬるさ加減になってきています。
(というより、他社メーカー製と異なり、余計な常駐アプリが一切ないため、本来の性能が出てるというほうが適切でしょうか?)

Wi-Fi接続も問題なし。

あとは、日本のSIMにどう対応しているかですが…。

IIJmioでの接続は、まったく問題なしです。
NTTドコモのMVNO系なら、どのMVNO事業者のものでもOKではないでしょうか?

次の画面は、IIJmioに、高速なLTE/3Gクーポンを購入した状態で計測した速度調査です。

2012-11-24-6.jpg

んー、やはりLTEには対応していませんね。
でも建物の中で下り2.5Mbpsなら、使用上何も問題ありません。

Nexus7はHSPA+規格に対応なので、ソフトバンクSIMならもう少し速くなるかもしれませんが、あいにく手元にはないので試せていません。

設定メニューの中に「テザリング」の項目が見あたりませんでした。
まぁ、実際この端末を買うような人は、「タブレット単体での利用」が前提となるでしょうから、不要かもしれませんね。
(既にLTE対応スマートフォンを持っている人は、そちらからテザリングして3Gなし版をつなぐほうがいいと思いますし)


さて、私の評価ですが、この3G回線付きNexus7は、全体的に満足感が高かったです。
最新端末なので動作もキビキビしていますし、軽いですし、単体でインターネット通信が可能ですし、何より値段も3G付きの割に手頃です。
日本でも早く販売すればいいのに、、、と思うのですが、いろいろ大人の事情があるのでしょうね(笑)。

もうすぐ、Cellular付きiPad miniの日本での価格が発表になると思いますので、そちらの価格にも注目です。
Appleにとっては、手強い相手が登場したな、という印象です。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. take より:

    質問なのですが、IIJmioのSIMを使って、いわゆる「セルスタンバイ」問題はアンテナピクト非表示問題は起きないのでしょうか?

  2. BON より:

    takeさん、ご質問ありがとうございます。
    結論としては「端末によって状況が変わる」となりますね。ご存知かもしれませんが、詳しくは↓のサイトに問題に関する情報が掲載されていますので、ぜひ読んでみてください。
    http://smartmobilewithasim.blogspot.jp/2012/08/mvno_29.html
    なお、Nexus7に関しては私は不具合を感じたことはありません。また↓にもそのような口コミが載っていますね。
    http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000421212/SortID=15697350/
    ご参考ください。