Googleが低品質なサイトの排除を強化

シェアする

Googleが低品質なサイトの排除の強化に乗り出すというニュースが流れていました。

Google、低品質なサイトが検索結果に与える影響への対策を強化

低品質なサイトとは、
・他のサイトから単にコンテンツをコピーするサイト。
・内容の浅いコンテンツを大量に発信するサイト。
・自動生成された文章を表示するだけのサイト。
・必要以上に同じ言葉を繰り返すサイト。
などでしょうか。

純粋なスパムサイトというより、少し1クッション置いたSEO特化型のサイトが増えてきているようです。
日本では、Yahoo!の検索結果がGoogleとほぼ同等になりましたので、余計にGoogleの検索品質の高さが求められることになると思われます。
当然、SEOスパムを狙う業者は、Googleのみに特化して、裏を突く攻撃手法を考えていくはずですので、この攻防は延々と続いていくことになると思います。

さて注目したいのは、広告(Google AdWords)に関する言及で、

・Googleが広告を提供しているサイトに対しては、スパムコンテンツに対して強いアクションを行わないといった話があるがそれは誤解。
・品質ガイドラインに違反するサイトには、広告提供の有無に関わらず対処している。
・Googleの広告を表示してもそのサイトのランクに影響は無く、検索順位も上がることは無い。
(記事内より)

としていて、改めて「真っ当なSEO/SEM」の重要性が提示されました。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. はじめまして たぬきちです(*´∀`)
    検索順位というキーワードで検索してきました

    品質の低下したサイトという事で、Googleの判断基準が怖い所ですね
    最近アドセンス広告にFXしかでないのも関係しているのかな(-_-;)

    参考になる情報ありがとうございます

    ではでは