Google Chrome 5.0.375.55はココが使いやすい!

シェアする

ちょっと私のブログに書くのが遅くなりましたが、Google Chromeの安定版の新バージョンがリリースされました。

「Google Chrome 5.0」安定版リリース 同期機能を追加、スピードも向上:CodeZine

まず嬉しいニュースとして、Windows版だけでなく、Mac OSやLinuxの安定版が初めてリリースされたことが挙げられます。
これは素直に、様々なOSから様々なWebブラウザを、個人の好みに合わせて使うことができるという意味で歓迎したいです。
(ただ、バグがまだ少し残っているような…? 今後もっと安定していくことを願います。)


そして、私を驚かせたのが更なるChromeのスピードアップです。
使ってみると、確かに速くなっているのが実感できます。

Googleのシャレの効いたスピードテスト動画もGoodです。(あまり真剣に受け取らないように…。Googleはもう他のWebブラウザと比較するのは飽きた、という意志表示でしょうか? 笑)




また、Gmailのメール送信時にファイルを添付するのに、ドラッグ&ドロップで追加できるのはもう当たり前ですよね?
(知らなかった!…という人は便利ですので使ってみましょう。)


何より私が待っていた機能の1つとして、拡張機能の並び位置の固定(および入れ替え)です。

ChromeでGoogleツールバーと同等機能を実現する | ITコンサルタント日記

で紹介した拡張機能を入れると、Internet ExplorerやFirefoxのGoogleツールバーとほぼ同等の機能を使えるようになりますが、以前は起動するたびにボタンの位置が入れ替わってしまい、使いにくいと感じていました。
それが、今回からは拡張機能のボタンをドラッグで入れ替え&固定することができるようになっています。
(デベロッパー版では拡張機能のアイコンの位置を固定する機能が追加されたと聞いていたので、安定版で採用されるのを心待ちにしていました。)

いやはや、素晴らしい。
しばらく私のメインブラウザはChromeから変わりそうにありません。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています