ついに国内メーカーも禁断のミニノートを発売

シェアする

ついに国内メーカーも禁断のミニノート市場に足を踏み入れたようです。その第一弾が東芝です。

東芝からもAtomミニノート Satellite NB105

うーん、至って普通…。
残念ながら、私の感想としては、これでは売上を伸ばすことは難しいのでは?と思います。

知名度の高さと稼働時間の長さなら、EeePC 901。
デザインなら、Acer one。
キーボードの打ちやすさと画面の広さ(1280×768)なら、HP 2133

国内メーカーが高価格帯のPCで粗利を稼ぐビジネスから、わざわざミニノートに降りてきて戦っても、この程度のスペックとデザインでは、ちょっとキビシイのでは??

既に、世界的にみれば、どのブランドも台湾メーカーに頼りっきりです。

2008年の世界のノート型パソコン生産は1億台超
台湾メーカーのシェアは90%


マイケルポーターの競争戦略的にいえば、国内メーカーはリーダー戦略が取れなくなってきています。それならいっそ、事業を見直し、ニッチャーとして高級路線を突き進むという手もあるかと思います。

他の国内メーカーも、続々とミニノート市場に参入するという噂もありますが、どうせなら、ぜひ海外メーカー勢が脅威を感じるようなミニノートを出せるよう頑張ってほしいと思います。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています