New iPad(iPad3)の話題で持ちきり

シェアする

昨日発表されたiPad3改め新しいiPad(New iPad)が、あちこちのニュースやブログで持ちきりですね。
そういう私もネタにするわけですが。(笑)

アップル ― 新しいiPad ― 外も中も、鮮やかに優れています。

解像度が2048×1536ピクセルで、いわゆる肉眼でドットを認識することができないほどの高解像度になっています。
それに合わせて背面のカメラも5メガピクセルのものに替わり、高解像度の写真・ビデオが手軽に撮れるようになっています。

注目されたCPUは、「A5X」というクアッドコアプロセッサになり、圧倒的な情報量を高速に処理しています。

バッテリーも10時間持つということなので、むしろスマートフォンのほうが心許ないと感じるかもしれません。

日本語の音声入力にもようやくOS側で対応しました。Android系ではむしろ当たり前になってきつつありましたので、ここでの差別化はなくなったと思います。

海外ではLTEモデルが発売されていますが、残念ながら日本では発売は後になりそうです。

ここは本来なら、NTTドコモのXiなどで出せていたら、ビッグニュースだったんですけどね…。
ソフトバンク4Gはまだエリアが広くなく、注目度の高いiPad LTEを出すと「(エリアが狭くて)全然使えない!」という悪評が立ってしまうのを防いだ格好だと思います。これは正しい判断かもしれません。おそらく、次のiPhone5 LTEと合わせて日本でローンチ、というのがエリア的にも整ってきて、一番良い打ち出し方かと思います。

逆に、UQ WiMAXやイーモバイルにとってはチャンスかもしれません。新しいiPadと、10時間程度持つモバイルWi-Fiルータの相性は抜群のはずです。バンドル販売は売れるかもしれませんね。

さて、気になるお値段は42,800円から。
うん、私は買いますね。きっと。(笑)

なお、旧型iPad2も34,800円からと値下げされていますので、業務用で使うならこちらもアリかもしれませんね。
でも、個人の方なら、この程度の値段差なら、新しいiPadを買われたほうが絶対満足度が高いと思いますよ。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています