Androidに新しいセキュリティ機構

シェアする

立川で、タブレットに関するセミナーをやっておりました。
そのセミナーでも、「Androidのほうがセキュリティがやや弱い」という話をしていたのですが。

関連して、Google自身が、Androidをセキュリティ的に弱いことを暗に認めてしまっているような気がしないでもないのですが、良いニュースという意味でご紹介します。

Googleが“用心棒”と呼ばれる新しいセキュリティ機構(有害コードの自動検出)をAndroid Marketに実装

有害コードの自動検出により、大幅に悪意のあるアプリを減らしていこうという試みですね。

もちろん、自動検出ですから、検出をすり抜けるアプリも考えられますが、時間が経つごとに、少しずつ賢くなっていくと思います。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています