ウイルス対策ソフトの検出率比較

シェアする

ITコンサルティングなどでよく質問されるのが、
「ウイルス対策ソフトは何がいいですか?」
という質問です。

この問いに関しては、以前私のブログで紹介した、

ウイルス対策ソフトの選び方

の記事を参考にしていただくと良いと思いますが、
つい先日、国際的に権威のあるウイルスソフトテスト機関「AV-Comparatives」によるウイルス対策ソフト性能テストのランキングが発表されていましたので、ご紹介します。

最強のウイルス対策ソフトはどれなのかランキング2009年8月版

ここにトレンドマイクロのウイルスバスターが表示されていないのは、「海外のテストだから」ですので、決してウイルスバスターの検出率が低いということではありません。(むしろ、日本製ウイルスに関しては、ウイルスバスターの対応の早さは良いほうだと思います。)

さて、それはともかく、興味深い資料ですよね。
有料・無料のウイルス対策ソフトが良い勝負をしています。
カスペルスキーの順位が低いのも予想外です。

私がノートPCで使っているAvast!は、スキャン速度ランキングで1位(つまり速い)、ウイルス検出率では5位(ノートンと良い勝負)、ただしウイルスの誤検出では2番手グループ(実質5~6位)と、やはり非力なマシンには向いているソフトのようです。

会社で利用するPCはもちろん、個人で利用するPCにも、個人情報はたくさん入っています。「個人情報は自分で守る!」という意識をもって、しっかり不正プログラム対策をしておきましょう!

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. 東内拓理 より:

    おそらくWindowsのみにしぼったのでこの順位なのだろうけど、仏integoの「VirusBarrier X5」は、Symantecの誰かさんみたいに自己主張が激しくなくて、非常に気に入っている…(笑)
    手動スキャン画面も、「おまえらSF映画好きもいいかげんにしろ」とツッコミいれたい。

  2. BON より:

    ウイルスバリアのインターフェイスは確かに奇抜ではありますね…(笑)。
    http://www.act2.com/products/virusbarrier-x5.html#tab2