電気通信事業分野の競争状況に関する統計資料

シェアする

今日は短大でIT講師の仕事を行ってきました。

さて、先月末になりますが、総務省が固定インターネット回線やIP電話、移動端末(携帯電話)などに関する統計資料を発表していますので、お知らせします。

電気通信事業分野の競争状況に関する四半期データの公表
(PDFファイルです)

興味深いのは、やはりブロードバンド契約数の事業者別シェアの推移で、NTT東西の強さが目立ちます。
少し前に光フレッツの積極的な売り込み攻勢の話題をしていましたが、「ここは攻め時だ」と理解されているということでしょうね。

移動体通信(携帯電話)では、ソフトバンクが着実にシェアを伸ばしつつあります。PHSその他では、ウィルコムだけというよりイーモバイルなども含めての集計だと思いますが、全体からすると5%ほどと、規模が小さいことが伺えます。

こうやって全体を俯瞰することで見えてくることもありますから、通信に関わっている人は見ておいたほうがいい資料ですね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています