nintendo DSiに見る進化点

シェアする

任天堂カンファレンス2008秋にて、新型DSが発表されました。

任天堂、新型DS 「ニンテンドーDSi」を発表、11月1日発売

見た目はそう変わりませんが、

・カメラ内蔵
・GBAスロットを廃止
・SDスロットおよび内蔵ストレージを搭載
・WEPだけでなくWPAに対応

という点が変わっています。

画面が微妙に大きくなって、カメラが付いたという点で、新しいゲームスタイルへの期待も高まっていますが、私としては、内蔵ストレージによるダウンロード販売の可能性について期待しています。

無線LANからGBAやその他のレトロゲームソフトなどを購入するというスタイルが定着するか、見物です。今まで任天堂でも過去いくつかのチャレンジがなされてきましたが、『ビジネス的に成功した』とまで言える事例はあまりなかったと思います。

しかし、今の子供達はネットワーク対戦などで、だいぶ素養が出来ていますので、コンビニ決済などの手軽な決済手段と組み合わせると、もしかすると普及するかも・・・という気がします。

また、セキュリティ面でも不安のあったWEPという暗号鍵から、より強固なWAPに変更になっています。

今後もゲームソフトのパッケージ販売が主流として続いていくと思いますが、ハードウェア的には、着実にDSも進化しているなと感じました。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています