MFクラウド会計を導入してみた

数字
少し前からになりますが、MFクラウド会計を導入してみました。

会計ソフト「MFクラウド会計」

クラウドの会計ソフトといえば、Freeeも有名なのですが、私が某大手会計ソフトに慣れていた関係で、MFクラウド会計を使うことにしました。

従来からの会計ソフトに慣れている人は、MFクラウド会計。あまり会計のことがわからないか、より簡単に会計を処理したいという方が、Freeeを選ぶと良い感じでしょうか。

さて、このソフトになって、銀行口座の通帳や、クレジットカードの明細などが、自動で連携して、仕訳も1回やっておけば二度目からその仕訳を覚えていてくれるので、金額の入力ミスなどが大幅に減って助かっています。

意外と金額の打ちミスによる時間ロスって、バカにならないんですよね。(笑)

逆に、クラウド会計になってやりにくいな、と思うのは、連続で手打ちで仕訳を入れようとするときです。

PCソフトだと、連続する仕訳をノータイムで打ち込んでいけば、どんどん入れられますが、クラウドの場合、1回の仕訳が登録が終わると、ほんのちょっとですがサーバと通信する時間が、軽くイラッとするときがあります。

ただ、以前よりも手打ちする機会が激減したので、トータルとしては時間短縮になっている気がいたします。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています