どうなるMVNO系のiPhone

NTTドコモからiPhoneが出ることになり、壮絶な後出しジャンケン大会(他社からMNP/新規を呼び込むため、様々なキャンペーンがぎりぎりに出され合うこと)が展開されていますね。

さて、そんななか、IIJが下記のようなリリースを出していました。

IIJmio:iOS 7のリリースに関する弊社からの重要なお願い

さて今般、Apple社より、iOS 7が一般公開される予定です。弊社では、公開後速やかに、iOS 7に対応したすべてのデバイス(SIMフリー版)の、IIJmio高速モバイル/Dサービスにおける動作検証を行い、検証結果を後日お知らせいたします。
iOS 7はこれまでのiOSに比べ大きな変更がなされており、iPhoneやiPadの機種によってはIIJmio高速モバイル/Dサービスでの通信ができなくなる可能性もありますので、iOS 7へのアップデートをご検討のお客様は、弊社の検証結果を待ってから実施いただくようお願いいたします。


なるほど、それはそうだ、と思いました。

というのも、NTTドコモから純正iPhoneが出るということは、キャンペーン狙いで安く端末を購入した人が、NTTドコモのMVNO事業者のSIMカードを使い続けたら、NTTドコモとしては全くおいしくないことになるからです。

それが、iOS7だからか、iPhone5S/5Cだからかは、もう少ししたら判明しそうですが、いずれにしてもこのSIMロックは(au、ソフトバンクとの戦い上)外せないでしょうね。

ちょっと残念な気もしますが、当然だとも思います。

MVNOは、AndroidやモバイルWi-Fiルータでこそ威力を発揮するのかもしれませんね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています