LINE、オンラインストレージ「Nドライブ」を終了

シェアする

クラウドサービスのリスクの1つに、「人気がなくなったサービスは、急にサービス終了になってしまうことがある」という点です。

それがわかる事例として、つい昨日、オンラインストレージ「Nドライブ」が終了するというアナウンスがありました。

LINE、オンラインストレージ「Nドライブ」終了 「NAVER Photo Album」も – ITmedia ニュース

オンラインストレージサービスは、Dropbox、Googleドライブ、SkyDriveなどが覇を競っている激戦のサービス事業です。

Nドライブも、30GBほどの無料スペースを用意するなど、かなり頑張ったサービスだったのですが、10/31をもって撤退と相成りました。

このNドライブに重要なデータを入れていた個人、企業は今頃大慌てでしょうね。
せっかく溜まったデータを、他のサービスに移管させないといけなくなったのですから。

「人気がなくなったサービスは、急にサービス終了になってしまうことがある」と書きましたが、実は人気があっても「収益性がないサービス」と判断されて辞めてしまうサービスもあります。
ですので、見極めがとっても難しいです。。。

私からのアドバイスとしては、
・そのサービス分野における大手(No.1、No2)を選ぶ。
・きちんと収益性を持っていそうなサービスを選ぶ。
・いざというときのため、バックアップを取っておく。
が挙げられます。

同じサービス分野でしたら、結局ユーザー数が多いサービスのところへ寡占化していきますし、収益性がなければ事業を継続できません。

中小企業のビジネスでクラウドサービスを使う際にも、そのあたりを意識しながら使うとよいかと思います。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています