今年のToDoリストはGoTasksとTaMa.5に決めた!

今年の私の目標が「SMARTに行こう!」ということもあり、業務進捗の管理ツールの見直しを図っています。

その中で、もっとも日常的に使うものとして ToDoリスト があるのですが、自分にフィットするものをずっと探していました。

その結果、残ったのが以下の2つになりました。

・プライベート用&ビジネス備忘録用「GoTasks
・本格的な仕事用「TaMa.5


まず「GoTasks」から説明すると、簡単に説明すれば「スマートフォンで音声入力ですぐにGoogleタスクに登録したい。そしてPCからも追加したり編集したりしたい」という用途にピッタリです。

例えば「トイレットペーパーを買う」のようなプライベートタスクや、「A社に会社案内チラシを送る」のようなすぐに出来るけど忘れたくないビジネスタスクについては、「思いついたときにすぐに書き留めたい」ですよね。
そのときには、この「GoTasks」を活用しています。
スマートフォンで音声入力もできるし、Googleタスクと同期するので、Googleカレンダーへの転記などもすぐにできます。


次に、「TaMa.5」ですが、これは今年から使い始めたツールで、もはや手放せなくなっているほど気に入って使っています。
こちらも簡単にいえば、「ToDoリストとガントチャートのいいところ取りし、メモ機能が充実してて、ネットワーク経由で同期できるもの」となります。

通常のToDoリストでは、どうしても書き込める範囲が狭すぎて視認性が悪かったりしますが、このTaMa.5はメモを書く欄がカスタマイズできたり、すぐ見える位置にあったりして、とても便利です。

しかも、プロジェクトごとにフォルダ分けできて、各タスクの期日指定や優先度に応じてToDoの順番が自動的に変わりますし、またガントチャートのようにもなります。
ですから、タスクをやる順番や、業務が混み合う日時などが、すぐに判断できるようになっています。

言葉で説明するのが難しいのですが、使ってみれば一目瞭然です。
また、公式サイトで紹介されている画像もわかりやすいのでそちらも見てください。

TaMa.5

自分用にカスタマイズすればするほど味が出てくるソフトで、本格的な仕事用ToDoリストとして、とても重宝しています。

両方のソフトとも、オススメです!


追伸
良いToDoリストの作り方については、↓こちらの記事が参考になりますよ!
タスクが減らない理由はコレ! 失敗から学ぶ「良いToDoリスト」の作り方 : ライフハッカー[日本版]

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. 七星 より:

    Tamaはフリーのものを使っています。
    ガントチャートが嬉しいです。

  2. BON より:

    > Tamaはフリーのものを使っています。
    > ガントチャートが嬉しいです。
    そうですね。ガントチャートのみだと、

    プロジェクト管理にはガントチャート!6本紹介
    http://narts.blog32.fc2.com/blog-entry-923.html

    という記事のものでも良いものが沢山ありますが、ToDoリスト&カスタマイズ性の良さがTaMaの特徴ですね。