戦後最高値1ドル75円台のビジネス

シェアする

今日はITコンサルティングが1件と、テキスト関連の仕事をやっていました。

それにしても驚いたのは外国為替です。
一時、1ドル75円95銭までアッサリと進みました。
これは戦後最高値です。

日本も経済的には決してよくありませんが、アメリカ、ヨーロッパはさらに深い経済問題を抱えていて、しばらくこの円高の流れが続くのでは、と言われています。

少し前に日銀が為替介入しましたが、すぐに元に戻され、もはや日本1国では止められない状況になっているのでは、と噂されていますね。


輸出ビジネスを展開する日本企業は大ピンチです。
逆に、輸入業を扱っている日本企業にはチャンスです。

ITを使って海外の雑貨を扱っているネットショップや、海外のソフトやサービスを仕入れて日本で販売する会社は、増収になる可能性があります。

個人ベースで見ると、海外のものが安く買えたり、海外旅行がしやすい状態ですので、そこに注目したビジネスは流行るかもしれませんね。

とはいえ、外国の通貨の価値が下がっているだけであって、とても日本が内需拡大できる状態でなく、長くこの状態が続けば日本の産業も疲弊します。

もっと円高方向に進んでも大丈夫なように、自社のビジネスを考えていく必要がありますね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています