拡張現実が商業利用されるようになってきました

シェアする

拡張現実(AR技術)が、商業ベースでも利用されるようになってきました。

AR技術は、セカイカメラで一般の方にも注目を浴びるようになりました。
活用例としては、実際に街を散策することで新しい発見ができる観光ツールがあります。

iPhone駆使した観光ツールを導入 旅行客の回遊性高めて地元活性化

また、実際の街だけでなく、商品そのものを認識して、拡張現実で楽しませるというキャンペーンもスタートしています。

「ザ・プレミアム・モルツ」にカメラをかざすと、マーチングバンドがあなたのために演奏スタート!――サントリーが AR 技術を活用した iPhoneアプリを公開

こちらはリアルタイムに画像を分析して、対象となる商品かどうかを判別しています。

AR技術は、今は静かなブームではあるものの、将来モバイル端末の標準カメラツールとしてこの技術が搭載されたとき、一気にブレイクしそうな予感です。

GPSや画像解析を利用したマーケティングも、これからが本番を迎えることになりそうですね。
状況を見ながら、うまく活用していきましょう。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています