企業経営の最終目標は何ですか?

シェアする

休日なので、1つ読み物系でも。

伊那食品工業という会社を例にした、考えさせられる記事だと思いますのでご紹介します。

社員の幸せを露骨に追求する会社

私の場合、ITコンサルティングと言いつつ、実はBSCや各種フレームワークを使って経営戦略を話し合う機会も多いのですが、その前段階として、会社のミッション/ビジョンがしっかりと固まっているかを経営者に聞いたりします。
もし、経営者並びに社員が「企業理念」と呼べるようなものしっかりと共有していると、企業規模の大小に関わらず強いパワーを持つ会社となります。

塚越会長の言葉で、

会社の目的は売上高や利益を伸ばすことではなく、社員を幸せにしたり、世の中をよくしたりすること。売上高や利益はそのための手段でしかない。商品やサービスを通して社会に貢献していくのはもちろん重要だよ。でも、それは企業の役割の1つであって、すべてではない。会社はもっと露骨に人の幸せを考えなきゃいけない

というのは、なかなか本気で言えるものではありません。

追伸
ついさっき公式サイトを訪れてみたら、6/16(火)にHNK『クローズアップ現代』で放送されるそうです!
上の記事を読んで、興味を持たれた方はテレビのほうも観てみましょう。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています