海外向けHP、海外向けECサイトも増えてきている印象です

シェアする

2018-05-03_11h40_15

ここ最近だけでも、たくさんHP関連のご支援をしていますが、そのうちの1つを簡単にご紹介します。

macro bonsai | Sosa City Planting Assoc [ JAPAN ]

匝瑳市は植木の町として有名で、特に海外輸出も大きなビジネスの柱として存在しているそうです。

そこで、匝瑳市を交えて、植木組合のほうでもHPを作ろうという話になったようです。

なお、海外のHPとして、英語だけでなく、中国語や韓国語といった多言語対応をしているサイトが増えてきていますね。
下記は中国語(簡体語)のサイト。

槇,羅漢松,椿,导入和导出 [ 匝瑳市造型树栽培协会 ]

インバウンド、アウトバウンドを意識するなら、多言語サイトは必須!

私も日本全国のセミナー等で、「ネットから外国人観光客を呼び込むには?」とか、「海外相手にビジネスをしたいのだが…」といったご質問を受けることが多くなってきています。

本当に10年ほど前とは比べ物にならないくらい、海外がより身近になってきたな、という印象があります。

また、HPやSNSをはじめ、情報発信ツールも手軽になってきていますものね。

あまり恐れ過ぎずに、でも着実に、しっかりと販路拡大をしていきたいですね!

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています