iPhone7のApple PayでモバイルSuica、ビューカード連携に苦戦&解決しました

2016-10-29_06h02_22

買いました!  iPhone7!!

仕事がら、会う人、会う人に「iPhone7、買ってますよね!?」と聞かれて心がグラついていたところに、モバイルSuica対応が始まって、ついに買ってしまいました。

当然、私が普段使っているビューカードSuicaから、iPhone7のモバイルSuicaへ移しちゃおう、ということを考えました。↓に紹介ページが用意されていますね。

Apple Pay:ビューカード

iPhoneは毎年買っているので(苦笑)、iTunesを使ったバックアップ&復旧作業による、旧端末から新端末へのデータ移行は慣れたもの。ここは何も問題ありませんでした。

iPhone7のApple PayでモバイルSuica、ビューカード連携に苦戦

しかし! Apple PayのモバイルSuicaの設定は、理解に困難を極めました。ITにある程度自信のある私ですら、もう何度諦めようかと思ったか知れないくらい、エラーの連続でした。

特に、今までVIEWカードSuicaを使って、ポイント3倍を設定していた人は、かなり苦戦しているのではないかと思います。

また、Android・フィーチャーフォンでモバイルSuicaを登録していた人は、さらに機種変更作業という難関が待ち受けていると思います。

私は結果的に、すべて乗り越えましたので、他の皆さんのためにも備忘録を残しておきたいと思います。

ビューカードSuicaは、Apple Payにそのままでは持っていけない

これからApple PayでモバイルSuicaを設定しようという方は、まずは↓を見ておくことをオススメします。

Apple PayへのSuica読み込みに失敗するとき試したい対策全17個まとめ(追加中)

真ん中あたりに、「ビュー・スイカ等のクレジットカード一体型」は登録できないと書いてありますね。

そこで、通常の「Wallet」アプリではなく、App Storeからダウンロードする「Suica」アプリを使って、新規発行 または 機種変更 をします。

2016-10-29_06h15_33

特にJRの窓口に行かなくても、iPhoneだけでSuicaを発行できます。

イメージ的に書くと、

Viewカード(クレジットカード機能)
  └ Suica(最初からカードの中にあるSuica)
  └ モバイルSuica (iPhoneの中に新たに追加したモバイルSuica)

みたいに、2つのSuicaを紐づける感じになります。
まず、この感覚を持つことが必要です。

はじめてモバイルSuicaを登録する人は、↑の画面の「Suica発行」を押して進めばOKです。
Suica(無記名)、My Suica(記名式)、Suica定期券、の3つが選べますが、通常は紛失したときに保障がきく「My Suica(記名式)」がオススメです。

…が、私は、AndroidでモバイルSuicaを以前登録していたので、「機種変更」を押して進むことになったのですが、ここにも落とし穴があります。

AndroidのモバイルSuicaから、iPhoneのモバイルSuicaへの機種変更方法

実は、iPhoneのSuicaアプリから「機種変更」ボタンを押す前に、AndroidのSuicaアプリから「機種変更」を行う必要があります。(ここ重要!)

どうも、1つのカードに、1つのモバイルSuicaしか紐づけられないシステムになっているそうです。

これが最初わからずに、何度やってもエラーが出て、苦戦しました。

そこで、もう使わなくなっていた古いAndroidを充電し、その中に入っていたSuicaアプリを立ち上げ「機種変更」を行いました。その方法としては、↓のページが詳しいです。

JR東日本:モバイルSuica>各種手続き>機種変更

旧機種から機種変更の受付が完了してから、ようやく新機種のiPhone7で、「機種変更」ができるようになります。

(このあたり、説明文やエラー表示、その他UIの工夫で、だいぶユーザーの負荷を軽減できるのに、という思い(怒り?)がフツフツと沸き上がりました。これからのバージョンアップで改善されることを期待します。)

前の端末を捨てた/売った/どこに行ったか忘れた、という人は、先ほどのページの一番最後、モバイルSuicaコールセンターに電話して、再発行してもらう必要があります。(それか、一旦退会して、新しく入会しなおすか、ですね。)

モバイルSuicaのメールアドレスとパスワードを忘れている

これも多いのではないでしょうか。私も、モバイルSuicaのメールアドレスとパスワードを忘れていて、調べるのに時間がかかりました。

また、MyJR-EAST IDによるIDとパスワードでも機種変更ができるようなのですが、なぜかうまくいかないという方もいて(現在のサーバ側の不具合かな?)、どちらのIDを使うにせよ、ログインがうまくいかないという人も多いかと思います。

オートチャージは「Suica」アプリから

さらに、オートチャージ設定はSuicaアプリから行います。Walletアプリからではないことに注意が必要です。

なお、VISAは、Apple Pay(Walletアプリ)でSuicaへチャージする場合、VISAブランドのビューカードは使えません。…が!、Suicaアプリのほうからのチャージは可能とのこと。

この辺も理解しにくいところですが、私はJCBのビューカードでしたので、その辺の心配もなく、問題なくSuicaアプリでオートチャージ設定が完了し、無事設定をすべて終えました。

この難しさは、心が折れる人が続出しそう…

いやはや、それにしてもこの難しさは、心が折れる人、続出しそうです。
私も、かなりいろんな情報源にあたって、ようやく設定ができました。

結論からいうと、モバイルSuicaにこだわらない人は、「ビュースイカカードのままでいいじゃん!」ってきっとなりそうです。(^^;)

もう少しすると、UIもこなれてくるかと思いますが、まずは自分でやってみたい人、また同じようなことで悩んでいる人のために、備忘録として記事に残すことにしました。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています