Dropbox, OneDrive, Googleドライブの暗号化にBoxCryptor(&二段階認証のススメ)

シェアする

2016-07-23_15h58_03

(出典:BoxCryptorより)

以前、

Dropbox, SkyDrive, Googleドライブの暗号化は?

という記事を書いていて、「Cloudfogger」というサービスを紹介していましたが、こちらのサービスが終了してしまうそうです。

2016-07-23_13h01_13

「キーサーバーを閉じますよ」というメッセージが表示されていますので、今まで利用していた方は、cloudfoggerの利用を終了しておいたほうが良さそうです。

アンインストールについては、↓のブログで紹介されているとおり、cfogファイルをなくしてから、アンインストールされることをお勧めします。

【備忘録】Cloudfoggerをアンインストールする方法。 | 林檎の木の下で

で、Dropbox, OneDrive, Googleドライブの暗号化として、代わりにオススメされていたのがBoxCryptorです。

BoxCryptorの使い方

BoxCryptorとは、↓のサービスです。

Encryption software to secure files in the cloud | Boxcryptor

Box, Dropbox, OneDrive, Googleドライブなどの暗号化を目的として使います。

↓のブログを参考にさせてもらうと、インストールの仕方がわかりますね。

クラウドストレージのための暗号化ソフト「Boxcryptor」の使い方

使い方を見ても、cloudfoggerとほぼ違和感なく、使えそうです。

Dropboxなどのクラウドサービスについても、Boxcryptorドライブ中の暗号化したいフォルダを右クリックから「Boxcryptor」→「Encrypt」と選択するだけなので簡単ですね。

どうしても重要なファイルを暗号化しておきたい、という方にはオススメです。

二段階認証のススメ

暗号化しておきたい心理としては、IDとパスワードが漏れてしまったらどうしよう?と考えられて、cloudfoggerやBoxcryptorなどを使いたいという人がいるかと思います。

ですが、IDとパスワードだけ漏れても、簡単に守る方法としては、二段階認証があります。

アカウントで 2 段階認証を有効にするには? (Dropbox ヘルプセンター)

ASCII.jp:Microsoft アカウントを「2段階認証」にする方法|ズバッと解決! Windows 10探偵団

2 段階認証プロセスを有効にする – Google アカウント ヘルプ

Dropboxでも、OneDriveでも、Googleドライブでも、二段階認証が使えます。

これで、IDとパスワードが漏れても、ログインを防ぐことができます。

それでもやっぱり、データそのものを暗号化しておきたい、という方だけ、Boxcryptorなどを併用されると良いかと思います。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています