Office 2016がリリース、今後のOfficeはどうなる?

20150922

マイクロソフトの看板ソフト、Officeの最新版、Office 2016がリリースされました。

Office 2016 

Office 2016って何?

一言でいうと、Office 2013の正統な後継モデルということになるでしょうか。

いわゆる買い切りタイプ。パッケージ販売といえば分かりやすいかな。

Office2013と同じく、Office Personal 2016と、Office Home & Business 2016が存在しています。(その上にProfessionalとかありますが、売れ筋はこの2つ)

Office 365との違いは?

Office 365は、サブスクリプションモデル。つまり、1年間ごとに利用料を払い、常に最新版を使い続けることができるものですね。

いわゆる買い切りタイプが良いという人は、Office 2016のほうがいいかもしれません。

今後どうなるのでしょう?

私の予想では、今後はOffice 365、特に個人ユーザにはOffice 365 Soloというものをマイクロソフトはどんどんプッシュしてくると思っていたのですが、思いのほかパッケージ販売にもこだわってますね。

おそらくの想像なのですが、日本ではパッケージ販売(もしくはバンドル販売)モデルのほうが、売上が良いのではないかと思います。そして、それを完全に切り捨てるには、まだまだ市場性が大きすぎて、マイクロソフトも思いっきり舵を切ることができないでいるんじゃないかな、と思います。

Adobeのように、「もうパッケージを売りませんよ」は、プロ志向の強いソフトならありえますが、Officeだとかなり抵抗感ある気がします。

どっち買ったらいい?

うーん、正直悩みますね。

マイクロソフトのクラウドサービスをものすごく使う人なら、Office 365系をオススメしますが、「WordとExcel(とPowerPoint)が使えればそれでいいよ」という人が多いのも事実。

Home&BusinessとPersonalだったら、↓の価格差だったら、PowerPointも開けるHome&Businessがオススメかも。

Microsoft Office Home and Business 2016 [ダウンロード][Windows版](PC2台/1ライセンス)
¥ 34,160円
B015SMNX3A

Microsoft Office Personal 2016 [ダウンロード][Windows版](PC2台/1ライセンス)
¥ 29,252円
B015SMO2BM

そしてOffice 365 Soloなら、↓約1万円くらい。

Microsoft Office 365 Solo(1年版) [オンラインコード] [ダウンロード][Win/Mac/iPad対応](PC2台/1ライセンス)【国内正規品】
¥ 11,581円
B00O2TXF8O

そう考えると、マイクロソフトのクラウドサービス使わないよ、という人は、3年で元が取れてしまい、4年目以降からはパッケージ販売のOffice 2016のほうがお買い得になっちゃうのですね。

なんとなくですが、Office 2016のほうを買う人、多いんじゃないかなぁ…という気がいたします。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています