ミニプロジェクターマニアの血が騒ぐ

シェアする

20150822

私はプロジェクターは、3000ルーメン(明るさの単位)ほどの一般的なプロジェクターのほかに、300ルーメンの小型プロジェクターを持っています。

プロジェクター「QUMI Q2」を購入

最近めっきり使う機会が減ってしまったのですが、またムクムクとミニプロジェクターを買いたい衝動に駆られていて困ります。(笑)

今買うならオススメのミニプロジェクター

小さいのに、ちょっとでも明るいほうがいいということなら、QUMIのQ5でしょうか。

VIVITEK LED モバイルプロジェクター QUMI ブラック ( 高輝度 500ルーメン / WXGA / HD720P / DLP / Wi-Fiワイヤレス接続 / MHL / 超軽量480g ) Q5-R-BK
¥ 70,847円
B00QHFFAFM

480gの手のひらサイズで500ルーメンは、なかなか良いですね!

一方、とにかく安いほうがいいということなら、ASUSの200ルーメンのタイプでしょうか。

ASUS プロジェクター DLP®LED (寿命約30,000時間)(最大200ルーメン) S1
¥ 33,151円
B00LZOQYAU

価格が3万円前半と安いながら、342gの軽さと、静音性などのレビューの評価が高いですね。唯一の欠点は台形補正がないことくらい。でも、コストと性能のバランスが良いのでしょうね。

最後は、意外にも評価が高い、サンワダイレクトの200ルーメンのプロジェクター。

サンワダイレクト モバイルプロジェクター 200ルーメン HDMI搭載 台形補正機能搭載 バッテリー内蔵 小型 400-PRJ021
¥ 59,800円
B012UYAY0Y

こちらは、200ルーメンとやや物足りないものの、1280×720でHDMI対応。300gの軽さで、台形補正もついています。内蔵バッテリーもあるため2時間の投影も可能とのこと。

しかも、HDMI-MHLケーブル、HDMIケーブル、ACアダプター、GALAXY用アダプター、キャリングポーチ、三脚まで最初から付属しているため、ほぼビジネス用途で手軽に持ち運ぶためのモバイルプロジェクターの要素を全部持っているような気がします。

うう、紹介してて、また自分が買ってしまうパターンにハマりそう…。(笑)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています