図書館のIT化+人間の能力によって、利用者へのサービス向上へ

20170622-1

図書館のIT化は、「利用者へのリファレンス能力の高さ」のための道具にすべき。

そう思える記事がありました。

岡山県立図書館の試み

年100万人が集う「究極の図書館」の魅力 | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

↑の記事によると、年100万人が利用する図書館のようです。これはなかなかすごい。

特にすごいのは、「自動化書庫」という、それこそITを駆使した書庫です。

じゃあ、司書さん要らないじゃないか、というと、そうではなく、利用者さんの

「こういう本が読みたいんだけど…」

という、あいまいな質問に、ジャンルごとに的確にスタッフさんが答えてくれるという、このリファレンス能力の高さが、実は嬉しいポイントだったりするようです。

上記記事後半の、「レファレンスインタビュー」の説明や、6部門で約20人の特定ジャンルに詳しい本のスペシャリストからのサービスなど、なるほどなと思わせる仕掛けがいくつもありました。

岡山に行った際にはぜひ見学したい図書館です。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています