「Amazonログイン&ペイメント」は普及するか?

シェアする

20150525

(出典:Amazonログイン&ペイメント)

AmazonのIDを持っている人に対し、自社サイトでAmazon決済サービスを簡単に導入する仕組みが発表されています。

「Amazonログイン&ペイメント」とは?

Amazon以外のサイトでお買い物する時に、Amazonアカウントでお支払いができるサービスです、と公式サイトに書かれていて、それ以上でもそれ以下でもありません。(笑)

Amazonのお客様をあなたのサイトのお客様に |Amazonログイン&ペイメント

自社サイトに導入するメリットとしては、おそらくインターネットで買い物慣れしている人がほとんど持っているであろうAmazonアカウントで、システム開発する必要もなく、簡単に決済してもらえるという点です。

AmazonのマーケットプレイスがAmazon内にある他店舗のお店だとしたら、Amazonログイン&ペイメントはAmazon外にある他店舗で決済させる(しかし、決済システムはAmazonの慣れ親しんだ画面&安心感)という、両面が狙えるわけですね。

さて、肝心の決済手数料は?

こちらは残念ながら非公開です。

先に海外で同様サービスとして展開されていた、「Login and Pay with Amazon」によると、決済手数料は 2.9%+0.3ドル/取引 なので、日本では3.5%前後になるのではないかと予想しています。(外れたらごめんなさい ^^;)

とはいえ、日本で既にサービスされている「Yahoo!ウォレット – 料金」などでも、決済手数料は 3.6%(+月額3,240円) なので、3.6%を超えるようだと、サイト事業者側としてもAmazonとしても現実問題としてあまり面白味がありません。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています