GoogleウェブマスターツールがGoogle Search Consoleへ名称変更

google_search_console

Googleウェブマスターツールが、Google Search Consoleへ名称が変更になりました。

でも、内容はそれほど変わっていません!(笑)

どうして名称変更するの?

↓の公式サイトによると、

Google ウェブマスター向け公式ブログ: “Google Search Console” – ウェブマスター ツールが新しくなりました

従来のいわゆる「ウェブマスター」は、ウェブマスター ツールのユーザーの一部でしかないということがわかってきました。ウェブマスター ツールは、小規模事業主から、SEO の専門家、マーケティング担当者、プログラマー、デザイナー、アプリ デベロッパー、個人のサイト運営者、そしてもちろんウェブマスターまで、さまざまな方々にご利用いただいていたのです。すべての方々に共通していたのは、「作ったものをオンラインで公開したい、Google 検索ですぐに見つかるようにしたい」という気持ちでした。そこで、Google ウェブマスター ツールの名称を Google Search Console に一新し、Google 検索に関心を寄せるすべての方々を対象にサービスを提供することになりました。

とのこと。

つまり、ウェブマスターツールを使いたい人は、ウェブの管理者だけでなく、もっと多くの人が見るべき指標だ、ということで、名前を変更するそうです。

うーん、そんなの今に始まったことじゃないのになぁ…などと思いつつ、まぁ今後は「グーグルサーチコンソールを使いましょう!」とITセミナーなどで言わないといけなくなるのですね。(苦笑)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています