最大1733Mbpsの11ac対応Wi-Fiルータ「Aterm WG2600HP」

シェアする

index_img_wg2600hp

うわ、もう新製品が出てきちゃいました!
私も愛用している無線LANブロードバンドルータAtermシリーズの最新版が発表になりました。

Aterm WG2600HP

さっそく、↓製品紹介HPがありますので、それを参考としつつ、、、

Aterm WG2600HP | 製品一覧 | AtermStation

一番の特徴は、IEEE802.11acで最大1733Mbpsまで対応していることですが、その他にも、

  • ビームフォーミング:ビームフォーミング対応端末に向けて集中的に電波を送る機能
  • MU-MIMO:複数の端末と速度を落さず同時通信できる機能

などにより、かなり実効通信速度がアップしているようです。

私はAtermWG1800HP2を買ったばかりなのに…

↓の機種を買ったのは、昨年の11月。
つまり半年で最新版が出てしまったことになります。(苦笑)

NEC AtermWG1800HP2 11ac/n/a(5GHz帯)&11n/g/b(2.4GHz帯) 同時利用タイプ PA-WG1800HP2
¥ 11,480円
B00O2KU9XW

こちらは最大1300Mbpsまでなので、WG2600HPの最大1733MbpsかつMU-MIMOなどを組み合わせと比較すると、おそらく端末間の大量データの送受信などに、大きく影響が出そうな気がします。

うぐぐ・・・正直、くやしいです!!(笑)

安定したらオススメ

NECのAtermシリーズは、基本的には一般消費者向けルータの中では一番安定しているシリーズかと思いますが、最初のIEEE802.11ac対応のAtermWG1800HPの際には、かなり本体が不安定だった時期もあります。(ファームウェアが上がってきて、少しずつ安定してきた、というかハードに無茶をさせなくなった??)

今回のWG2600HPがどうなるのかわかりませんが、発売後の 人柱…もとい、熱心なユーザーさん のレビューをみて、安定していそうだったら買いですね!

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています