3000円でお釣りが戻ってくる新品カラーインクジェットプリンタ

シェアする

51u5IuijqL._SL1000_

ニュースサイトを見ていたら、格安のカラーインクジェットプリンタの記事が気になりました。

3000円でお釣りが戻ってきちゃう? 新品カラーインクジェットプリンタ

えー、安すぎるだろ~、品質悪いだろう~、と思っていましたが、なかなかどうして、悪くない製品のようです。

【やじうまミニレビュー】キヤノン「PIXUS iP2700」 ~超破格、2,950円カラーインクジェットプリンタの実力 – PC Watch

本当に安いの?と思って、調べてみたら…

Canon インクジェットプリンタ PIXUS IP2700 文字がキレイ 顔料ブラック+3色染料の4色インク エントリーモデル
¥ 2,645円
B0038U35T2

むしろ、2500円近くで買えるくらい、安くなってました!(苦笑)

年賀状の時期を過ぎたら、どんどんプリンタが安くなるのはわかっているのですが、さすがに新品でここまで安いと、ちょっと驚きますね。

どうしてこんなビジネスモデルが組めるのか?

当然、こんな2000円台でプリンタ本体が作れるわけがありません。
これは、お客様に何度もインクカートリッジを買ってもらうことで、利益を取って行く戦略です。

ちなみに、インクカートリッジがどのくらいの値段をするかというと…。

Canon キヤノン 純正 インクカートリッジ BC-311 3色カラー BC-311
¥ 1,800円
B001G947QW

Canon キヤノン 純正 インクカートリッジ BC-310 ブラック BC-310
¥ 1,700円
B001G947QM

本体よりは安いですが、そこそこ高い値段設定ですよね。

もし純正カートリッジではない、たとえばエコリカのインクカートリッジなどを買ってしまうと、キヤノンさんが困ってしまいますので、感謝して純正を買いましょう。
純正カートリッジのほうが、プリンタハード本体を傷めずに済むそうですので…ね。

とはいえ、こんなビジネスでいいの?

悩みますよね、正直…。

こんなに本体が安いと、エコリカよりも程度の悪い互換インクカートリッジを買って、壊れるまで使いまわして、捨てればいいや、ってことになりません?

むしろ、プリンタ本体を捨てて、またプリンタ本体を買う人も出てきそうです。
そうなると、ゴミが増えて環境にも良くなさそうです。

頭ではそういうビジネスモデルなんだから、ってことはわかってはいるのですが、もう少し本体の値段を上げてもらって、インクカートリッジの値段は少し下げて、トータルでの利益は以前と変わらず、くらいになるように調整してもらえたらいいのにな、と思います。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています