Mac Book Airの画面真っ黒、熱暴走を防ぐ方法

パソコントラブル
私も長らくMac Book ProやMac Book Airを使っていて、完成度の高いハードで嬉しいのですが、数少ない気に入らないポイントの1つに、「熱暴走?」みたいになる症状があります。

具体的にいうと、

・特に重たいアプリを起動させているわけでもないのに、ファンが回りっぱなしになる。(しかもファンがうるさい ^^;)
・Macのハードの底面がすごく熱くなる。
・突然、画面が真っ黒になる。(キーボードのバックライトLEDは付いているので、電源が切れたわけじゃないが、ハングアップしたような状態になる。)
・管理ログに、ACPIのハード的なエラーが出る。(Windowsの場合)
・電源ボタンを押してもコンピュータが応答しない。(結局、電源ボタンの長押しで強制電源オフをする以外にない)

みたいなことが起きるときがあります。

この現象、最初はOSやソフトの問題かと考えていましたが、実は違っていて、ハード側の問題だということが調べていってわかりました。

では、どうやって解決するかというと、以下のような手順を行います。


■SMCリセット

1.もしBootCampでWindowsを起動している人は、一旦MacOS側に切り替えて起動させる。
2.Macをシステム終了する。
3.MagSafe電源アダプタを接続する。(このとき、充電状態なら赤、フル充電状態なら緑になっているはず)
4.内蔵キーボードで、「(左の) shift + control + option」キーを押しながら、電源ボタンを押す。

すると、MagSafe電源アダプタのLEDが、一瞬緑から赤に変わって、また緑になります。
(一時的に消灯になる場合もあるようです)

そうすると、SMCリセットがかかったことがわかります。
(意外な盲点として、BootCampでWindows起動にしていると、このSMCリセットができないことがあるようです。)

そして、電源ボタンを入れましょう。

すると、あれだけうるさかったファンが静かになり、熱も下がり、突然ハングアップしなくなります。

上記で困っている人がいたら、一度実行してみることをオススメします。


追伸
なお、これとは別に、リチウムイオンバッテリーを完全放電して、半日くらい放置し、そこから充電を始める、という方法もあるようですが、こちらは時間がかかるのと、上記のSMCリセットで直ることが多いので、私はあまり実行していません。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています