SNI SSLでSSLがより身近に?

シェアする

セキュリティ
つい最近から、さくらインターネットがSNI SSLに対応していました。

「さくらのレンタルサーバ」独自SSL機能拡充(SNI SSL提供開始)のお知らせ | さくらインターネット

SNI SSLとは、簡単にいえば、今まで1つのサーバ側グローバルIPアドレスにつき、1つのSSLしか設定できなかったものを、グローバルIPアドレスではなくホスト名によって証明書を使い分けることを可能としたものです。

平たくいえば、共有サーバ内で、SSLを複数設定することができる、という便利な機能のことです。

これによって、非常に安価な共有サーバを使って複数のドメインを管理しているような場合でも、SSLを複数設定することができるということが可能になっています。

ただ、これには一部制限がありまして、昔のWebブラウザではSNI SSLに対応していないものがあります。
(↑のリンク内に、詳しく記載があります。)

とはいえ、ほぼ全員がSNI SLLに対応したWebブラウザに切り替わっている頃だという判断から、さくらインターネットも対応に踏み切ったのかな、と思います。

Googleも、将来的にはSSLに対応したサイトをSEO的に若干ながら優遇すると言っていますし、気になる動向の1つとして覚えておきたいですね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています