Dropbox for Bussinessが少しずつ進化している

シェアする

インターフェイス
Dropbox for Bussinessが、少しずつ進化しています。

ビジネス向け Dropbox で共同作業を効率化

最近リリースされて機能に、共同作業をより便利にする、「Dropboxバッジ」という新機能があります。

メールなどでやり取りをしなくても Microsoft Officeのファイル内で共同作業ができ、誰がどのファイルを閲覧しているかなども確認できる、とされている機能です。

その仕組みとしては、↓の動画を見るとわかりやすいです。



ふむふむ、なるほどですね。
そうそう、たしかに、同じファイルを同時に編集しはじめると、どっちが先だったっけ?となることありますものね。
Dropbox上ですべて完結させてしまうには、良いうアイデアですね。

ただ、最近はメールだけではなく、ショートメッセージサービスだったり、オンライン会議などが使いやすくなってきた関係で、必ずしもDropboxだけで完結させる必要というわけではなく、会社によってはメインのコミュニケーションツールの使い分けが変わってきそうですよね。

また、完全に共同作業を行うためには、Offce365だったりGoogleドライブだったりでも良いわけですから、ますます選択の幅が広がりそうです。

要は、どれが自分の会社に一番マッチしているのか、という見極めのほうが大事になってきそうな気がしますね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています