LINE@は個人にも普及するか?

LINE@
(出典:LINE Corporation

LINE@が、法人・個人問わず月額無料でアカウントが作れるようになっています。

【LINE】公開型アカウント「LINE@」をグローバルでオープン化 法人・個人問わず、月額無料でLINEを対外的なコミュニケーションやビジネスに利用可能 | LINE Corporation | ニュース

実際、アカウントを作るためには、LINE@アプリから、大手3キャリアなどの年齢認証などを行ったあと、アカウントを作れるようになります。
(ここでMVNOサービスを使っている人だと、認証が通らないかも…。)

さて、あとはLINE@がどこまで一般のユーザー層まで広がっていくかですね。
LINEはクローズドな分野に強いサービスなので、オープンな世界につなげていけるか、これから数年が見所のような気がします。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています