大変なことになるとわかってきたマイナンバー

数字
徐々に、中小企業経営者の中でも、「これは大変なことになってきた・・・」と認知度が上がってきた、マイナンバー制度。
皆さんはもうどういう制度かご存じですか?

マイナンバー-事業者編 マイナンバー制度が、はじまるとどうなるの?:政府広報オンライン

簡単にいうと、各個人、各法人にマイナンバーというものが割り当てられ、社会保障や税金関連に使われ始めます。

当然、会社としても、報酬を支払う際に各従業員のマイナンバーを聞いておいたり、安全に保管したり、あるいは法人とのやりとりや、銀行口座にまでマイナンバーが絡んだりしてくる、という、実に大変な話です。

これをやって誰が喜ぶかというと、もちろん日本年金機構だったり国税庁だったりします。
(滞納や、脱税がやりにくくなるので)

これを来年1月からスタートさせるわけなので、中小企業、及びシステム周りも、急な対策を迫られることになりそうです。

とはいえ、それほどまだ急を要して対応しなければいけない、という雰囲気になっていないような気もするので、本当に大丈夫かな、という気がしています。

やれといわれてもやるのは無理!、となると、マイナンバー導入の効果が薄まってしまいますよね。私の予想ですが、最初はゆるく、導入をスタートしていって、ある程度普及が図られた段階で、強制的に対応を迫ってくるのではないのかな、と勝手に想像しております。さて、どうなるのでしょうか? 気になるところです。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています